【要確認】アスク井上クリニックと親和クリニックの植毛比較!

アスク井上クリニックと親和クリニック、どっちにお願いしようか悩む…

 

アスク井上クリニックと親和クリニックのどちらにしようか迷う生え際後退の男性

 

インターネットで検索すると、たくさんの自毛植毛クリニックの名前が出てきますよね。

 

今回はその中でも評価の高いアスク井上クリニックと親和クリニックをピックアップして比較していきます。

 

 

アスク井上クリニックと親和クリニックのアフターケア比較 アスク井上クリニックと親和クリニックのアフターケア比較

 

どちらの植毛クリニックも実績が豊富であり、全国的にも評価されているクリニックではありますが…。

 

いざどちらにするかと決めようとすると、微妙な違いが多いことに気づき迷ってしまいます。

 

アスク井上クリニックと親和クリニックでM字植毛を検討する男性

 

このページでは、アスク井上クリニックと親和クリニックの植毛における違いを複数の観点から比較しています。

 

このページを読めば、アスク井上クリニックと親和クリニックの違いが分かり、あなたに合っている方がどちらなのか判断する材料を得る事ができます!

 

あなたが求める観点を重視して、両院を比較検討してみて下さい。

 

 

▽無料カウンセリング&診察の申し込み▽

アスク井上クリニック公式HPを確認する≫ 親和クリニック公式HPを確認する≫

 

植毛費用の比較

 

費用の見積もりを出す植毛医

 

アスク井上クリニックの植毛費用

 

一番気になる費用の比較もしていきましょう。

 

  • i-SAFEスタンダード
  • i-SAFEアンシェーブン

 

アスク井上クリニックでは、「i-SAFEスタンダード」なら一株あたりのコストが700円です。

 

刈り上げをせずに手術をする「i-SAFEアンシェーブン」になると、一株1200円となります。

 

これらの費用に基本治療費の18万5千円がかかってきます。

 

仮にi-SAFEアンシェーブンで1500株の移植をするなら、200万円弱の費用が必要です。

 

アスク井上クリニックの植毛費用(G:グラフト)

- スタンダード アンシェーブン
800G 745,000円 1,145,000円
1500G 1,235,000円 1,985,000円
1800G 1,445,000円 2,345,000円
2000G 1,585,000円 2,585,000円

 

親和クリニックの植毛費用

 

親和クリニックは基本料金が20万円です。

 

  • MIRAI(ミライ)法
  • NC-MIRAI(ミライ)法

 

スタンダードプランである切らない高密度自毛植毛「MIRAI(ミライ)法」なら一株あたりのコストは900円です。

 

刈り上げをしない「NC-MIRAI法」になると基本料金は30万円で、一株あたりのコストは2000円です。

 

親和クリニックの植毛費用(G:グラフト)

- MIRAI法 NC-MIRAI法
800G 720,000円 1,600,000円
1500G 1,350,000円 3,000,,000円
1800G 1,620,000円 3,600,000円
2000G 1,800,000円 4,000,000円

 

施術方法の比較

 

植毛法

 

アスク井上クリニックの植毛法

 

アスク井上クリニックは手術の早さだけではなく、仕上がりの質にも重きを置いています。

 

採取する際のパンチに関して、吸引力を使ったパンチが採用されています。

 

また、世間ではパンチの口径が小さいほど優れているという風潮があります。

 

しかし、アスク井上クリニックでは、毛根ごとに口径を調整するべきだというコンセプトのもと、患者さんの毛の太さに合わせて直径約0.85〜0.65mmの大きさを微調整されています。

 

さらに、採取したドナーを特殊な保存液を使って生命力が下がらないようにしてくれます。

 

ドナー保存液へ付けるのは効率が悪いように思えますが、この一手間で生着率がアップするので効果的です。

 

結果的に無駄な採取をせずに済み、頭皮の負担も少なくなります。

 

 

アスク井上クリニックでは、1平方センチメートルあたり40〜50株移植という高密度植毛が行われています。

 

一般的に1平方センチメートルあたり30株未満のクリニックが多く、それでは手術をしたメリットが感じられないという考えから、40株以上の植毛が行われています。


 

親和クリニックの植毛法

 

親和クリニックは植毛の難易度が高いと言われる部分を上手に施術してくれます。

 

どんな部分に関して難易度が高いのでしょうか。

 

  • 頭頂部
  • つむじ

 

頭頂部とつむじは毛の生えている方向が複雑で、植毛が難しいと言われているエリアです。

 

さらに、この部分にボリュームを出そうとすると相当数の移植が必要となります。

 

親和クリニックは高い技術があるので、つむじなどもきれいに再現してくれます。

 

一回に13,000本以上という大量移植(ハイスピード・メガセッション)も可能となっています。

 

植毛ホールの作成には、世界最小級の0.63〜0.65ミリのパンチブレードが使用され、手術時にも痛みを最大限に抑えるために、体質に合わせて麻酔の調整が行われています。

 

 

パンチブレードの大きさについて、親和クリニックでも患者さんの株の状態に合わせてサイズを調整されています。


 

アフターケアの比較

 

アスク井上クリニックと親和クリニックのアフターケア比較

 

アスク井上クリニックは自毛植毛手術と薄毛治療の両方を使ってケアしてくれます。

 

手術をして終わりではなく、内服薬や外用薬を使ってアフターケアしてくれるので安心です。

 

副作用が少ないFGF−7やVEGFといった成長因子を使って、施術をしたところ以外の髪の抜け毛などを予防してくれます。

 

親和クリニックは洗髪のアフターケアをしてくれます。

 

施術をした翌日にプロのスタッフが洗髪サービスをしてくれるのです。

 

自毛植毛をすると頭皮に傷が付くので自分で洗髪をするのは不安に感じます。

 

間違った方法で髪を洗うと余分なかさぶたが出来て、傷口が残ることもあります。

 

しかし、プロが洗うと傷口がほとんど残らないようになります。

 

店舗数の比較

 

アスク井上クリニックは新宿に一店舗あります。

 

  • 新宿:東京都新宿区歌舞伎町2-46-3  TWG新宿(西武新宿駅前ビル)6階

 

親和クリニックは全国に4店舗あります。

 

  • 新宿院:東京都新宿区新宿2-12-4 アコード新宿5F
  • 大阪院:大阪府大阪市北区曽根崎新地1-4-20 桜橋IMビル2F
  • 名古屋院:愛知県名古屋市西区名駅2-34-20 CK23名駅前ビル6F
  • 福岡院:福岡県福岡市博多区博多駅前3-30-1 タイセイビル7F

 

東京から西の主要都市に店舗を構えています。

 

地方で東京まで出張するのがどうしても…という人には、親和クリニックを選ぶと良いでしょう。

 

出張OKという方なら、院長自ら執刀してくれるアスク井上クリニックも検討してみましょう。

 

症例数の比較

 

アスク井上クリニックの症例数は公表されていません。

 

しかし、院長は20年以上という長年執刀してきた医師なので信頼出来ます。

 

カウンセリングから執刀まで、すべて院長が担当してくれるという信頼感が評価されています。

 

親和クリニックは4700件以上という症例数があります。

 

キャンペーンやお得なサービスの比較

 

アスク井上クリニックでは、他のクリニックに比べてお得なポイントがあります。

 

血液検査代が無料になっています。

 

一般的には初診料を取らない代わりに、血液検査代という面目で費用を支払わなければなりません。

 

しかし、アスク井上クリニックは初期費用が無料で済みます。

 

親和クリニックには、いくつかのお得なサービスがあります。

 

  • モニター制度
  • 交通費補助
  • 宿泊費補助

 

顔写真や体験談などをメディアに掲載しても良いと承諾するなら、最大で施術料金が半額に割り引かれます。

 

 

地方から親和クリニックの店舗へ来るときにかかった交通費や宿泊費の一部を補助してくれるサービスも提供されています。

 

アスク井上クリニックも宿泊場所を提供してくれたりするので覚えておきましょう。


 

まとめ

 

アスク井上クリニックと親和クリニックの比較まとめ

 

アスク井上クリニックは自毛移植と薄毛治療の療法を受けたい人におすすめです。

 

施術をした後の副作用の少ない薬で、髪のボリュームを維持していけるようサポートしてくれます。

 

親和クリニックは高い密度の植毛をしたい人におすすめです。

 

一回に大量の移植をするメガセッションに対応しているので、早く豊かな髪を手に入れたい人に向いています。

 

アスク井上クリニックは丁寧な施術をしてくれることが特徴です。

 

特殊な保存液を使って貴重なドナーをフルに活用してくれます。

 

使えないドナーや生着率の低いドナーを出来るだけ減らす工夫をしてくれるのです。

 

刈り上げをする施術でも、しない施術でも同じ基本治療費なのはお得です。

 

初期費用が無料なのも自毛植毛を試すハードルを低くしてくれています。

 

親和クリニックはアフターケアが充実しています。

 

洗髪サービスは他のクリニックにはない特色ですし、術後一年はいつでもクリニックに相談することが出来ます。

 

どちらも評価されているクリニックですがサービスや費用が違っているので、よく比較して診察してもらうところを選んで下さい。

 

まずは無料カウンセリングを両方で受けてみるのも良いかもしれません。

 

アスク井上クリニックと親和クリニック公式HP!

 

食生活や睡眠など生活習慣の乱れも薄毛の原因の一つですから、近年は若い人でも薄毛になる方が増えています。本来なら薄毛にならない年齢なのにハゲてきた場合、放置しておくとさらに症状が進むリスクが高くなります。では、若ハゲ治療薬はいつから飲みはじめればいいのか、いつ止めればいいのでしょうか。治療薬を飲みはじめるタイミング!年齢に関わらず、薄毛が気になりだしたらすぐに治療を始めましょう。これは若い人にも当てはまることですから、少しでも髪が薄くなったと感じたり、抜け毛が増えたと思ったらすぐに若ハゲ治療薬を飲みはじめてください。なぜ早い方が良いのかというと、放置しておくとヘアサイクルがどんどん狂ってしまうからです。髪の成長はヘアサイクルによって決まるので、サイクルが乱れると成長期が短くなり、退行期が伸びていきます。このような状態になってから髪に必要な栄養を与えても、そもそも髪の成長が遅くなっているので薄毛を改善できません。また、寿命が短くなった髪の毛の毛根は寿命を迎えてしまいます。寿命が来れば、何をしても髪は生えてきません。ですので、1日でも早く治療薬を飲みはじめる必要があるのですね。治療薬を止めるタイミング!治療薬を止めるタイミングは、結論を言ってしまうと自分次第です。自分で満足できる効果が得られればその時点で止めてもいいですし、薄毛の恐怖を味わいたくないという場合は続けても構いません。若ハゲの治療薬というのは、薄毛を改善するだけではなく予防の効果も期待できます。若いのに薄毛になったということは、体質や生活習慣に原因があるのかもしれません。そのため、薄毛が改善出来ても再発するリスクは否めないのです。といってもゴールが見えない治療は辛いですから、薄毛が気にならなくなった時が止めるタイミングだと思っておいて大丈夫です。若いのにハゲの治療薬を飲むのは抵抗がある、という方もいるかもしれません。しかし放っておいて治るものではありませんから、早く治療が終わるように薄毛になったと思ったら飲みはじめるのがベストです。

TOPへ